「偲ぶ会」のご案内状文例集

2折カード+洋2封筒セット

サンプルは「2折カード+洋2白封筒セット」

「お別れ会」「送る会」は故人が亡くなってから約1ヶ月以上後に行われる事が多いようですが、「偲ぶ会」は日数を問いません。
逝去から時間が立っている場合は、百か日や一周忌などの節目に開催する場合は「偲ぶ会」として開催されることが多いようです。

葬儀の後、四十九日(七七日)で忌明けとなり、挨拶状の用紙も角カードから角丸のカードになります。

上のサンプル価格:10組まで 4,850円(カード・封筒印刷代・ゆうパケット送料込み、税別)

返信はがき代は…10枚まで 2,440円(はがき両面印刷代・送料は込み、官製はがき代別・税別


Mc-1 「故人を偲ぶ会」のご案内(要返信はがき)

  故人の偲ぶ会を会費制で開催する案内。日時・会場・会費を個人名で呼び掛ける(タイトルなし)

Mc-1 故人を偲ぶ会のご案内

Mc-2 「亡き先生を偲ぶ会」案内状(要返信はがき)

  急逝された先生を偲ぶ会を会費制で開催する案内。日時・会場、会費を実行委員会名で呼び掛ける

Mc-2 故人を偲ぶ会のご案内

Mc-3 「偲ぶ会」のご案内(要返信はがき)

  故人の偲ぶ会を会費制で開催する案内。日時・会場・会費を個人名で呼び掛ける

Mc-3 故人を偲ぶ会のご案内

Mc-4 「亡き先生を偲ぶ会」のご案内

  亡き先生の偲ぶ会を開催する案内。日時・場所を親戚代表と発起人が連名で呼び掛ける

Mc-4 故人を偲ぶ会のご案内

Ac-13 「亡き前社長を偲ぶ会」のご案内

  亡き前社長の周年忌を偲ぶ会として開催する案内。日時・場所を法人名で呼び掛ける

Ac-13 故人を偲ぶ会のご案内